不倫しか道はない|妻として嫁として母としてそして女として

女性として幸福を追い求めるならどう生きるか誰にも言えない女性の悩み
この記事は約6分で読めます。
Twitter毎日更新中

Twitterへ飛ぶリンク

一度きりの人生どう生きるかは貴女次第

愛する人はあなただけ。私は一生あなたを愛し続けます。結婚してください!

はい…こちらこそよろしくお願いします!

あれから20年…愛した亭主は禿げ上がり、横の物を縦にもしない。子育てなんかにゃ興味も持たず、たまの休みは寝てばかり。夫婦の会話はアァとウン。夜の務めは盆暮れ正月、濡れるころには高いびき。
こんなはずではなかったと、嘆いてみても後の祭り。
若気の至り過去の過ちとは言うけれど、悔やんでも悔やみきれないあの瞬間。
戻れるものなら戻りたい。あのプロポーズの瞬間に。
戻って自分にヘッドロック。

後悔しても取り戻せないものがある

妻として頑張っていはいても女としては

夫婦の形はそれぞれ違いますが、共通して言えることは結婚すればお互いに変わるということ。これは良い悪いという事ではなく、恋人同士と夫婦では役割が違うし、共有する時間が違うので、お互いが相手に求めるものが変わってきて見せる顔も変わってくるということです。
しかしその変化が自分の思い描いたものでなかった場合、大体相手のせいにして不満を膨らませるんです。
でも考えてみて下さい。夫婦は二人しかいないのです。間違いなく自分の影響で相手はそうなったのです。
ネットの斜め読みですが、結婚を後悔する女性の比率は大体4~5割程度。当然人には良い面と悪い面があるのでこの割合は、トータル的にプラスに振れるかマイナスに振れるかといっただけの結果だと思います。
基本的に結婚は幸福の追求の究極の形なので幸せであって当たり前です。
しかし性別も違う育った環境も違う人間同士なんで一緒に暮らせば思い通りに行かないことがあるということも事実として目をつぶることはできません。人間思い通りにいかないと不満を感じ、不満が積み重なると後悔に変わります。本来不満は愛情や充実等の幸福感で相殺されなければいけないのですが、その比率がマイナスに振れてしまうと後悔という思いが生まれます。後悔は現実に対しどうにも対処できない時に過去を恨む逃避行為です。しかしどんなに強く後悔しても過去に戻ることはできないので現状が変わる事はありません。

妻として嫁として母として、そして女として

不倫をしても家族を失いたくない方

だからと言って後悔しても今更どうしようもないので、これから先のことを考えましょう。
結婚をすると女性は、妻として嫁として母としての役割を求められます。今の家庭を振り返って見た時に、捨ててしまっても良い、今すぐ逃げ出したいと思うようなものでない場合は、背負った役割ではあっても満足感や幸福はあるのではないでしょうか。
では、女としてはどうだったのでしょう?幸せでしたか?
幸せでした!という女性がこの記事を見ているとは思えないので、あまり幸せを感じなかったか、全く感じなかったかなんでしょう。
妻嫁母は結婚してからの役割です。しかし女は貴女の根幹です。根幹の女としての部分で幸福感を感じていなければ役割から得られる充実感も心に根を張れず、気を紛らわす程度でいつか霧散してしまいます。
その結果、気が付けば不満の塊のような人生を送る様になってしまうのです。

女性としての喜びを取り戻すにはどうしたら良いか。夫にときめくなんて今更難しいでしょう。そうなると単純に考えれば夫以外の男性を求めるしかありません。つまり不倫をするという事です。

人生経験の少ない若者が、恋という誤解と錯覚の勢いで決めてしまった結婚生活ですから、亭主に不満は山ほどあるけれど、子供や親戚、仕事に付き合いと苦しみに耐え長い年月をかけて築き上げてきたものを失う事は耐えがたい。だから離婚をする気はありません。でも女としての自分を殺して生きるのは辛すぎる。

令和になっても女性の不自由さは変わらない

令和という新しい時代になったとはいえ、男性と違い女性にとってはまだまだ不自由が多い時代に変わりはありません。夫婦関係が脱輪してしまったら、妻が女としての幸福を追求するには不倫というリスキーな手段しか選択肢が無いのです。
とはいえ、憧れはあってもリスクがあるからこそ躊躇してしまうのが不倫でしょう。貴女が将来不倫をするにしてもしないにしても参考にしていただきたい一つの意見として書いてみたので、このまま以下の記事もお読みいただけると嬉しいです。2不倫は女性を幸せにするのか|不満は幸福感で相殺される

3不倫のリスク|バレたらヤバイ法律の話しと出会いの危険

4不倫願望を女性が安心安全に満たす方法はこれしかない

女性向け風俗レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行おもちゃのGENの活用

女性向け風俗出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENは、貴女が未来に翔く勇気と幸せを掴むためのお手伝いをちょっとだけさせて頂きます。微笑む女性
独りではどうしようもない事でも私と二人なら乗り越えられる事もあります。もし何かお役に立てることがありましたら遠慮なくお問い合わせください。
とは言ってもやっぱり簡単には決断できませんよね。
そんなお気持ちに少しでもお役に立てればと、おもちゃのGENには他にもいろいろな記事がありますので参考にして頂けたらと思います。良い事も悪い事も正直に全て書いてます。

レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行女性向け風俗藤原幻の自己紹介
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏アロママッサージおもちゃのGENこと藤原幻の自己紹介。東京から全国に出張。30代で始め気が付けば40代ついに50代。ベテラン?中年おじさんです。少しでも藤原幻を知ってもらえる様離婚やAV男優の事も結構細かい所まで書いています。安心安全そして楽しくご利用お待ちしてます。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行とは|おもちゃのGENのポリシー
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENの17年間変わらずに守ってきたポリシーのお話。格好良く夢の世界を演じる素養がないので、ありのまま、無理せず、ずるいことを考えず、正直にやっていこうとの思いが安心安全そして楽しくという言葉に詰まっています。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏とは違う藤原幻のスタンス
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏を名乗っていながらそこを否定するおもちゃのGENのスタンスを細かく自己分析交えその価値観を解説。業界とは異質な路線を貫く藤原幻の女性に対する考えや思いをこのページに集約しました。17年継続の秘密が今解き明かされる。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行の失敗しない選び方
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行には定義がありません。勝手な概念や定義を捨てて自分に合った相手に巡り合うための選ぶコツを現役出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行が伝授します。貴女ががっかりしないでより良い相手に巡り合えるようお役に立てれば幸いです。
出張ホスト・レンタル彼氏・エステ店に潜む危険性|女性向け風俗のリスク
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行って怖いと思っていませんか?それはあながち間違ってはいないんです。最近は男性セラピストのトラブルも増えています。1対1での男性との付き合いには当然知らないと危険なことが沢山あります。出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行選びで失敗しないために読んでください。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏興味はあるけど怖い|利用するには壁が
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏に興味はあっても利用するとなるとなかなか高い壁がありますよね。女性向け風俗は男性の物より敷居が高いようです。罪悪感や不安感はなかなか拭えるものではありません。神様の存在だって…そんな方にぜひ読んでいただきたい考えを書いてみました。少しでも役に立ちたいので勇気を下さい。

 

貴女のあと一歩の勇気をお待ちしてます。

 

システム料金やお利用方法はこちら
レンタル彼氏出張ホストアロマエステのお申し込みお問い合わせ
フロントページはこちら

出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGEN

ブログ記事カテゴリー検索
誰にも言えない女性の悩み
スポンサーリンク
GENをフォローする
【東京発】レンタル彼氏出張ホストアロマエステおもちゃのGEN全国出張
タイトルとURLをコピーしました