男性やセックスに対する嫌悪感の克服|レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行

女性の悩み様々な嫌悪感誰にも言えない女性の悩み
この記事は約9分で読めます。
Twitter毎日更新中

Twitterへ飛ぶリンク

嫌悪感に悩む女性の例

こんにちは、レンタル彼氏出張ホストおもちゃのGENです。
自分の性器だったり性衝動だったり様々な嫌悪症に悩む方々がいます。
これは自己否定にまで発展し深刻なケースもあります。
一般的に性に関わる情報は伝わり難く、女性に対しては尚更です。
性器の形や臭いを指摘され自分は異常なのか汚いのかと思い悩んでしまい、セックスができなくなってしまい、その後他の男性ともお付き合いができなくなるケースがあったりしました。
:関連ブログ普通に関する疑問
また性に対する衝動が強く何でも性行為に結びつけて考えてしまい四六時中そのことが頭から離れないと言った方がいらっしゃいました。
その方は自分が色狂いなんじゃないか、男狂いなんじゃないかと自己嫌悪に陥っていらっしゃいました。
他には幼児期の性的虐待の記憶ががトラウマになり、全ての男性または男性性器その物に対して嫌悪感を抱くようになり、非常に苦しい思いをされた方がいらっしゃいました。
また特殊な例としては、宗教絡みで両親からの教育がセックスや自慰行為への強い嫌悪感を生んだといったことも有りました。

嫌悪の対象は2種類

自身に向く嫌悪感

肉体のコンプレックスは誰しもが大なり小なり持っているのが普通ですよね。

テレビで見るアイドルや誰もがうらやむ容姿の人気女優さんもインタビューでコンプレックスについて話したりしてるくらいですから。

その辺りの比較的軽いコンプレックスは、大抵誰かと自分を比べることで発生します。

肉体的嫌悪感

目の大きさやまつ毛の長さ、乳の大きさのように見て比較できるものは対象と自分の差を理解できるので気持ちの整理ができます。

気持ちの整理ができれば、その対象に自分をいかに近付けるか、または諦めるかの判断ができるからです。

しかし、深刻な自己嫌悪に陥り対人関係に影響を与えるようなコンプレックスの場合はちょっと違います。

皆さんは自身の発する臭いについてどう感じているでしょうか?

嫌悪感は感じるであろう相手に対しての自身の心情の話しなので、皆が臭いと感じることがわかっている便臭はこの場合除外します。

昨今の消臭剤のコマーシャルの乱立で、体臭は完全に悪者になっています。

メーカーの言い分は体臭は臭いもの、臭いものは人に迷惑を掛けるから絶対に感じさせてはいけない、体臭はハラスメントだ!という感じです。

確かにハラスメントレベルの体臭は存在します。

しかし、よく考えてみてください。そんな人、何人います?

更に言えばハラスメントレベルの体臭は消臭剤レベルでは無臭化できません。

大抵は腋臭なので、本人に自覚を促し手術してもらうしか手はありません。

消臭関連メーカーの狙いは、普通の人に対して不安をあおり商品を買わざるを得なくすることなんです。

では、なぜ多くの人がメーカーに騙されてしまうのでしょう。

それは、皆自分の臭いが認識できないからなんです。

人間の嗅覚は常時香っている臭いに対して鈍感になってしまうのです。

常に臭うものは基本的に安全なものなので無視しても構わない、それよりもその他の臭いに意識を向けなければ生きて行く上での諸々の判断ができないからです。

要は解らないことが不安を呼ぶのです。

そしてたまにものすごく臭い人がいたりするので、実は自分もそうでないのかと不安がさらに増すのです。

そう感じる度合いは当然性格によって強弱あるのですが、不安傾向が強い人がたまたま心無い人に指摘されたために不安が確証になり自己に対する嫌悪症に陥ることになるんです。

解らないのは臭いだけではありません。

女性にとっては性器の形というのも他者と比べることが難しい要素であると言えるでしょう。

女性の中には、自身の性器に対して「気持ち悪い」「グロテスク」「汚い」と感じている方は少なくありません。

そんな方が好きな男性から性器に対して変な指摘をされたら、自分の嫌悪が確証に変わり自己否定にまで発展しかねません。

これらのような肉体的な嫌悪に陥る時には、解らない不安とその不安を決定づける外的要因があるということが言えるでしょう。

内面的嫌悪感

男性ほどではないにしても女性も様々な事象をセックスや性的な事柄と結び付けて連想することはよくあることです。

しかし多くの人はその事を、心の中で思っても口に出すことは殆どありません。

人がどんなことを考えて生活しているかなんて、本当の所誰にも分らないのです。

他にオナニーがやめられないと悩む女性がいます。

そもそも止める必要があるのかどうかも疑問なんですが、そんな自分を汚いと思ってしまうようです。

アメリカの性科学者キンゼイの報告によると女性の62%がオナニーの経験があると言われています。

これが日本人にも当てはまるのか、現代の女性と差異はないのか、そもそもの信憑性といった疑義は多くありますが、私の経験からしてもしたことが無い女性は殆どいませんでした。

しかし、このような話は他者とするものでもないし、オナニー自体が一人で秘密裏に行われるものなので比べるための情報がありません。

オナニーで悩んでいた女性は、雑誌のセックス特集で読んだ統計でダントツの少数派だったようです。

ちなみに雑誌が実施する統計では統計値として発表できるだけの被験者は確保できていませんし、回答の取り方も明かされていません。そもそも本当に調査をしたのかも怪しいところです。

雑誌はあくまでも娯楽なので、そこに何らかのデータが出ていたとしてもそれに影響されてしまうのはちょっと困りもんです。

勉強すればいつかは解る事と何をどう努力しても解らないことがあります。

それが人に迷惑を掛けず、自身にも害を及ぼさないことであればそのままで良いかと思います。

他者に対する嫌悪感

幼少期の性的虐待のせいで男性や男性器に嫌悪感を抱いてしまう女性がいます。

レイプのような命に係わる衝撃的な経験ですと、嫌悪というより恐怖症の傾向が多くなります。

男性器をみせられたり触らされたり、精液を掛けられたり、性器を触られた等その時は訳が分からず、周りの騒ぎや後々の知識や経験の積み重ねの中で、自分に行われたことの意味が解り嫌悪感が湧くと言ったことが多いようです。

特に口止めされ親に秘密にして場合、罪悪感が上乗せされこの傾向が強く出るような気がします。

このような出来事が何一つないのに、嫌悪感を抱いてしまうのが宗教の教義によるものがあげられます。

具体的な教義の矛盾点を書くと論点がおかしくなってしまうのでそこは端折ります。

セックスは結婚するまでは男性と親しくしてはいけない、自慰行為は汚らわしい行為なのでしてはいけない、婚前交渉は以ての外、してしまったら神から罰を与えられる。

これだけならまだ良いのですが、戒律を守らせるために親から自分の父親以外の男性を汚れたものだから近づいちゃいけないなんて教える親がいるんです。

宗教は人間の本能的な欲求を制限して、達成できたものが尊敬される仕組みになっています。

人間制限されると余計ほしくなるものです。実際、聖職者の性生活は大変乱れていて小児性愛や同性愛が問題視されていることはご存知でしょう。

しかし、一部のまじめな人は欲に溺れず戒律を必死に守ろうとします。

その為には欲求の対象を悪と捉える必要があります。

悪は自分をたぶらかし神の御心に背かせようとする存在。

そうなれば当然嫌悪感が生まれます。悪は嫌悪の対象ですから。

しかしそのまま聖職者になるのでしたらそれで良いのかもしれませんが、宗教には矛盾が沢山あります。

そこに気が付いて普通の生活を送ろうと思った時が厄介なんです。

一度身に付いた感覚はそう簡単には崩せないんです。

価値観と言えるくらいの物でしたら理屈で変えられるのですが、感覚的なところまで影響が及んでいる場合は変わるまでに本人や周りの努力が相当必要になってきます。

嫌悪感に対する対応

嫌悪感に悩んでいる方は、それが苦しくてそこから抜け出したいと思っているはずです。

ただ、相手は嫌悪感という「感情」です。

感情は理屈よりも強いエネルギーを持っています。

理屈だけじゃ簡単に勝てない相手なんです。

どんなに理屈を積み上げて語っても「わかっちゃいるんだけど・・・ねぇ」と跳ねのけられてしまいます。

でも何とかしないことには何も変わりません。

ではどうするか。

理屈は必要です。理屈の積み重ねに実証を重ねていくことで色々変わってくる傾向が経験として得られています。

個々の事例によってアプローチは変わってきてしまうので、漠然とした表現にはなってしまいますが、改善に有効な手段は何かしら存在します。

感覚的な悩みは何かと大変ですが、頑張ってできないことはないと思いますので諦めないで欲しいと願っています。

水平線

女性向け風俗レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行おもちゃのGENの活用

女性向け風俗出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENは、貴女が未来に翔く勇気と幸せを掴むためのお手伝いをちょっとだけさせて頂きます。微笑む女性
独りではどうしようもない事でも私と二人なら乗り越えられる事もあります。もし何かお役に立てることがありましたら遠慮なくお問い合わせください。
とは言ってもやっぱり簡単には決断できませんよね。
そんなお気持ちに少しでもお役に立てればと、おもちゃのGENには他にもいろいろな記事がありますので参考にして頂けたらと思います。良い事も悪い事も正直に全て書いてます。

レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行女性向け風俗藤原幻の自己紹介
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏アロママッサージおもちゃのGENこと藤原幻の自己紹介。東京から全国に出張。30代で始め気が付けば40代ついに50代。ベテラン?中年おじさんです。少しでも藤原幻を知ってもらえる様離婚やAV男優の事も結構細かい所まで書いています。安心安全そして楽しくご利用お待ちしてます。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行とは|おもちゃのGENのポリシー
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENの17年間変わらずに守ってきたポリシーのお話。格好良く夢の世界を演じる素養がないので、ありのまま、無理せず、ずるいことを考えず、正直にやっていこうとの思いが安心安全そして楽しくという言葉に詰まっています。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏とは違う藤原幻のスタンス
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏を名乗っていながらそこを否定するおもちゃのGENのスタンスを細かく自己分析交えその価値観を解説。業界とは異質な路線を貫く藤原幻の女性に対する考えや思いをこのページに集約しました。17年継続の秘密が今解き明かされる。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行の失敗しない選び方
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行には定義がありません。勝手な概念や定義を捨てて自分に合った相手に巡り合うための選ぶコツを現役出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行が伝授します。貴女ががっかりしないでより良い相手に巡り合えるようお役に立てれば幸いです。
出張ホスト・レンタル彼氏・エステ店に潜む危険性|女性向け風俗のリスク
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行って怖いと思っていませんか?それはあながち間違ってはいないんです。最近は男性セラピストのトラブルも増えています。1対1での男性との付き合いには当然知らないと危険なことが沢山あります。出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行選びで失敗しないために読んでください。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏興味はあるけど怖い|利用するには壁が
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏に興味はあっても利用するとなるとなかなか高い壁がありますよね。女性向け風俗は男性の物より敷居が高いようです。罪悪感や不安感はなかなか拭えるものではありません。神様の存在だって…そんな方にぜひ読んでいただきたい考えを書いてみました。少しでも役に立ちたいので勇気を下さい。
貴女のあと一歩の勇気をお待ちしてます。
システム料金やお利用方法はこちら
レンタル彼氏出張ホストアロマエステのお申し込みお問い合わせ
フロントページはこちら

出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGEN

ブログ記事カテゴリー検索
誰にも言えない女性の悩み
スポンサーリンク
史上最大の作戦沖縄九州縦断ツアー800
GENをフォローする
【東京発】レンタル彼氏出張ホストアロマエステおもちゃのGEN全国出張
タイトルとURLをコピーしました