男性恐怖症・性的暴力・PTSD|レンタル彼氏出張ホストが女性の性の悩みに応えます

男性恐怖症女性の悩み誰にも言えない女性の悩み
この記事は約7分で読めます。
Twitter毎日更新中

Twitterへ飛ぶリンク

女性を苦しめる性暴力の記憶

性に関する悩み男性に恐怖感におびえる女性こんにちは、レンタル彼氏出張ホストおもちゃのGENです。
ここでは私が関わったお客様の悩みで驚く位多かった男性恐怖症・性的暴力・PTSDの問題について取り上げていきます。
処女の悩みとも結びつくのですが、幼児期の性的虐待やレイプ等で負った心の傷がトラウマになり大人になっても非常に苦しい思いをされています。
この問題は皆さんが思う以上に本当に多いです。
私の元に来られた方で覚えている例を上げますと、幼児期から継続しての父親によるレイプ  、幼児期から継続しての叔父からの状態的な性的いたずら、幼児期に見知らぬ男性に連れ込まれての性的虐待、思春期に先輩から集団レイプ、思春期に見知らぬ男性の付きまとい、露出狂、痴漢でトラウマを抱えてしまった方もいらっしゃいました。

一人で一生抱える恐怖感

社会は被害女性には優しくはない

どんなに怖くて苦しい思いをしようとも性的虐待の記憶は一人で抱えなければならない事情があります。

人に話せばその時は同情してくれて慰めの言葉は掛けてもらえるかもしれませんが、本当の意味で理解されるとは限りません。

それどころか、異常な性体験をした女性として好奇の目で見られるかもしれませんし、社会的に異端のレッテルを張られる可能性すらあります。

社会は普通の人が考える以上に性的虐待の被害者に対する風当たりが強いのです。

そこには「性やセックスの話し」=「興奮する楽しい話し」という気持ちのベースが出来上がってしまっている上に乗っかる事実なんで、それなりの表情やリアクションはしていても心の中では「半分同情、半分興奮」というのがせいぜいでしょう。

人生の選択肢が奪われる

いろいろな夢や希望が有ったとしても、男性と関わらないことが優先事項になってしまえば女子高・女子大に進学する選択肢しかなくなってしまう。

そこに本人が希望する分野が有ればいいが、確実に選択肢は狭くなってしまうでしょう。

就職先を決めるにしても女性の多い職場や男性の年齢層が高い職場を選んだりして、危機回避優先でなりたい自分なることはそのチャレンジすら諦めるしかないのです。

男性を避ける日常は大変なストレス

しかし社会に出ればどんなに躱そうとも男性とは関わりは発生します。

通勤然、職場然、取引先然、男性と関わらずに過ごすことはまず不可能です。

男性との会話すらできない状態では、職に就くことすらできないでしょう。

なんとか自分に言い聞かせて割り切ってはいるものの、心の底から湧き出す恐怖感を抑えながら男性と対峙することは大変なストレスです。

自分は恐怖を表に出さないようにしているのですが、やはりどこか不自然なんでしょう。

愛想が悪い、お堅い、取っつき難い等の評価を受けてしまうことが多いようです。

理屈ではどうしようもない恐怖感

人間には大雑把に分けて2つの恐怖対象があります。

一つは自分よりも力が強い者への恐怖、もう一つは理解できない事象への恐怖です。

二大恐怖が合わさった怖さ

女性は男性に一部の例外を除いて基本的に力では男性にかないません。

しかし大半の女性は、男性が自分に危害を加えないと思って生活しています。

それは社会通念や法律、男性の本能的な性質を理解して拠り所として実際安全に過ごしてきた実績が自信と安心に繋がっているのです。

その自信と安心感を実績として積む前に、様々な男性に対する理解を積む前に、男性からの暴力を受けてしまったらどうでしょう。

実証された恐怖の上に、どんな理屈を並べたとしても空虚なだけです。

恐怖感に阻まれて優しさも頼もしさも体験できないんですから。

男性恐怖症の女性にとって男性に100%の安全はありません。

社会には自分に危害を加える可能性がある男性は確実に存在するんです。

また、自分は男性と長い間コミュニケーションを取っていないため、男性という生き物が女性とどう違うのかどんなことを考えているのかも解らない。

解らないから対処の仕方を間違えてしまう可能性は大きい。

そうしたら自分に危害を加える恐れがある。

だから常に誰に対しても男性であれば恐怖を感じてしまうのです。

カウンセリングは無力

カウンセリングを受ければいいじゃないか、という方がいます。

カウンセリングは話を聞いてもらうという事については一定の効果があります。

話すことで恐怖の根本が整理できますので、自分の恐怖感のを理屈として説明がつくようになります。

しかしカウンセリングはそれ以上でもそれ以下でもないのです。

解決に向けて大切なことは成功事例を積み上げること。

その結果、自信をつけて勇気を持つことです。

自分を傷つける可能性のある男性が社会にいるのは紛れもない事実なんです。

その社会で安心して暮らしていくためには、実績に裏打ちされた自信と勇気が必要不可欠なんです。

恐怖感に打ち勝つために

理屈で何が解ろうと抑えきれないのが感情の厄介なところなんです。

その感情に打ち勝つためには、小さなことから成功事例を積み上げていくしかないのです。

細かな対処方法は相手有ってのものですし、個々の状況によっても変わってくるのでここでは書けませんが、大雑把に言えば軽い話しをするところからセックスを楽しめる所まで行けば大きな問題はクリアできたのかと思います。

しかし出来なかった経験や未来に対する準備などを普通の女性の数倍の速さで習得しなければならないと言った課題が有ったりもします。

そこは本人の判断によるところなので何とも言えませんが、その時間が楽しいと思えるのであれば一定の成果が得られたと判断しても良いかと思います。

私ができることはここまです。

そこから先はご自身でチャレンジしていく領域です。

もちろん足りない部分は多々あると思いますので、必要として頂ける限りサポートは継続していきます。

女性向け風俗レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行おもちゃのGENの活用

女性向け風俗出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENは、貴女が未来に翔く勇気と幸せを掴むためのお手伝いをちょっとだけさせて頂きます。微笑む女性
独りではどうしようもない事でも私と二人なら乗り越えられる事もあります。もし何かお役に立てることがありましたら遠慮なくお問い合わせください。
とは言ってもやっぱり簡単には決断できませんよね。
そんなお気持ちに少しでもお役に立てればと、おもちゃのGENには他にもいろいろな記事がありますので参考にして頂けたらと思います。良い事も悪い事も正直に全て書いてます。

レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行女性向け風俗藤原幻の自己紹介
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏アロママッサージおもちゃのGENこと藤原幻の自己紹介。東京から全国に出張。30代で始め気が付けば40代ついに50代。ベテラン?中年おじさんです。少しでも藤原幻を知ってもらえる様離婚やAV男優の事も結構細かい所まで書いています。安心安全そして楽しくご利用お待ちしてます。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行とは|おもちゃのGENのポリシー
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENの17年間変わらずに守ってきたポリシーのお話。格好良く夢の世界を演じる素養がないので、ありのまま、無理せず、ずるいことを考えず、正直にやっていこうとの思いが安心安全そして楽しくという言葉に詰まっています。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏とは違う藤原幻のスタンス
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏を名乗っていながらそこを否定するおもちゃのGENのスタンスを細かく自己分析交えその価値観を解説。業界とは異質な路線を貫く藤原幻の女性に対する考えや思いをこのページに集約しました。17年継続の秘密が今解き明かされる。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行の失敗しない選び方
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行には定義がありません。勝手な概念や定義を捨てて自分に合った相手に巡り合うための選ぶコツを現役出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行が伝授します。貴女ががっかりしないでより良い相手に巡り合えるようお役に立てれば幸いです。
出張ホスト・レンタル彼氏・エステ店に潜む危険性|女性向け風俗のリスク
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行って怖いと思っていませんか?それはあながち間違ってはいないんです。最近は男性セラピストのトラブルも増えています。1対1での男性との付き合いには当然知らないと危険なことが沢山あります。出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行選びで失敗しないために読んでください。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏興味はあるけど怖い|利用するには壁が
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏に興味はあっても利用するとなるとなかなか高い壁がありますよね。女性向け風俗は男性の物より敷居が高いようです。罪悪感や不安感はなかなか拭えるものではありません。神様の存在だって…そんな方にぜひ読んでいただきたい考えを書いてみました。少しでも役に立ちたいので勇気を下さい。

出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGEN

貴女のあと一歩の勇気をお待ちしてます。
タイトルとURLをコピーしました