40代処女を取巻く現実と相談の実例|ときめく未来へのライフプランの提案

40代高齢処女の統計解析と新たなライフプランの提案誰にも言えない女性の悩み
この記事は約25分で読めます。
Twitter毎日更新中

Twitterへ飛ぶリンク

夏の沖縄九州山陽近畿東海ツアー
沖縄九州山陽近畿東海ツアー2022年7月800バナー

はじめに

近年様々な統計から今まで見えてこなかった高齢処女の話しが明るみに出てきました。
人それぞれの生き方なのでそれ自体何の問題もないはずなのに、男性週刊誌等では、然も珍しいものとして面白可笑しく扱われたりしています。
また40代で処女あることは、どこか欠陥があるかのように扱われるという何とも不条理な扱いを受けてしまうのも現実です。
しかし世間では「40代の女性は経験が豊富」というステレオタイプで捉える風潮は根強く残っています。
せっかくの恋愛チャンスが来ても、処女という事を知られて偏見の目にさらされることが怖くて、最初の一歩が踏め出せずふいにしてしまうなんて話も少なくはありません。
ここでのお話は、出張ホスト・レンタル彼氏おもちゃのGENこと藤原幻が過去に相談を受けた、多くの高齢処女といわれる40代女性の実例の紹介とロストバージンの先にあるときめく未来に向けたライフプランのご提案をまとめてみました。
この記事の関連記事です。気になったらぜひ読んでみて下さい。

この記事を書く切っ掛け

元々この記事は全然書くつもりは全くありませんでした。女性の悩み相談ページに関連の記事をすでに書いているからです。

しかし、たまたま40代の処女に関する検索をする機会が有りWEBの情報を見てみたら…なんじゃこりゃ?と首を傾げたくなる記事がいろいろ出てきたんです。
40代で処女の女性と沢山触れ合ってきた私としては、実態にそぐわない「これちょっと大丈夫か?」と心配になるようなものもあったんです。またそれにマスコミも乗っかって騒ぎ立てているもんですから「これはマズいなぁ」と感じました。

噂話

一言で処女とは言っても状況や思いは個々で違うしデリケートな話しなんで、男の単純発想で簡単に考えて欲しくなかったんです。これでは女性の折角の好奇心や決断がネガティブな結果になってしまうと思い、どうにか強い記事を書いて状況を変えたいとこの記事を書く決心をしました。

そんな思いで頑張って書いては見たんですが、長く複雑な表現になってしまったことを先にお詫びします。

女性の性の悩みで一番多いのが処女

私、藤原幻は2002年に出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENを立ち上げてから18年の月日が経ちました。その間交遊相手としては勿論なんですが、様々な女性の誰にも言えない性やセックスの悩み相談を多数受けてきました。性やセックス話を女性がするのははしたないという文化を日本人は未だに持っているので、自分一人で抱え込んで出口が見えないなんて話をよく相談されました。

処女の問題は誰にも話せない

そんな女性の性やセックスの悩みの中で、一番多い相談が処女の悩みです。セックスやパートナーとの問題は、女性同士でもなんとか話ができるようですが、処女のこととなると同性でもさすがに厳しいようです。
年代別にみると20代から50代まで相談は受けているのですが、圧倒的に多いのが40代なんです。相談相手となる私の年齢による影響も多少あるかとは思いますが、それ以上に40代というタイミングが女性にとって大きな節目になっているようです。
社会は20代半ば以上の処女に対して大きな偏見があります。世間は処女イコールモテないと言った見方しかされませんが、実際はいろいろな事情や状況があることが少なくありません。

40代処女の相談実例

今回は40代の処女がテーマなので、40代で私の元へ相談に来られた方の事例をいくつかご紹介したいと思います。
ここで上げている例は、ご相談いただいたお話を系統に分けてまとめた物で、一人の実例ではなく何名かのお話をわかりやすくミックスしたものです。
また実際の御相談に対する対応は同じような状況にあったとしても個々に違ってきます。このミックス例に対して対応を書くとなると完全にフィクションになってしまうので割愛しています。

真面目に素直に生きて来ただけ

真面目に生きてきた女性

実際に多いパターンです。学生の頃は勉強や部活など自分に与えられたなすべきことを夢中でやってきました。進学も可能な限りベストな学校に入ったし、就職も人一倍の努力をしてそれなりに「良い会社」に入社しました。仕事でも男性以上に評価を受け40歳を過ぎた今では年上の部下を持つ責任ある地位に就いています。
ある時ふと気が付いたことが、‘‘自分は仕事では評価されているけど、女として誰からも評価を受けたことがない”ということ。部下は女性にしても男性にしても家庭を持っているか、恋愛をしてきている。これからまさに結婚しようとしている部下もいる。自分のプライベートな友人も然。
私は彼らより仕事は知っていても、女としての幸せは知らない。男性と恋愛に憧れがなかったわけではないけれども、過去男性に誘われたこともないし、男友達がいたこともない。自分にも積極的に男性を求める気持ちがあまりなかった。
でも、このまま何も知らないで女として終わっていくのは虚しい。そして女であるうちに知る事が可能なのであれば知っておきたい。ということでご相談を頂きました。

望まなければ得られない

前項で「異性との交際を望んでいない」30代の独身女性が25%いるといったお話をさせて頂きました。特別な事情がある方も数パーセントは含まれているかと思いますが、多くはこのような感じなのではないかと思います。
学生の時分、女子はいろいろグループで固まりますが、とかく真面目グループに男子は声を掛けづらいものなんです。休み時間に本を読んだり勉強をしている女子も同様です。飛び抜けて容姿が優れていればチャレンジャーも出て来るかもしれませんが、私の思い出の中にも殆ど雑談をしたことがないクラスメートって何人かいました。
異性に一番関心を持つ思春期をそんな感じでスタートしてしまうと、習慣化され本来異性へ向かう気持ちが少しずつ遠ざかって行ってしまうようです。本人としては、自分がやるべきことに真面目に打ち込んで、親や先生、上司の言う事をきちんと守って結果を出してきた結果、男性との縁も興味も無くなってしまったというのです。男性との縁は偶然や自然な成り行きで得られることはほぼありません。映画や物語ではふとしたことが切っ掛けで縁が出来たりしますが、現実社会では早々起こりえることではありません。自分が求め、それなりの行動をした結果その中の数パーセントに良い縁が潜んでいるんです。
こんな現実ですから、求める気持ちが希薄であったり避けてしまう気持ちがあれば更に男性と縁遠くなってしまうのは仕方がない事でしょう。

トラウマによる問題

少女に迫りくる魔の手

Bさんは義務教育は共学でしたが、高校と大学は女子校を自ら選択して進学しました。そこには親にも話せない深い理由が有ったんです。
Bさんは小学校入学前に家の近所の公園のトイレで若い男性から性的な暴力を受けてしまいました。詳細な内容は本筋と関係がないので省略させていただきますが、大人になってもその時の恐怖や目に映った光景が消えることはなかったとだけお伝えしておきます。性的な暴力を受けた子供に良くある感覚なんですが、このことは親には言ってはいけないことなんだと思ったそうです。
その後Bさんは小学校へ入学するのですが、低学年の頃は先生が女性だったので問題はなかったのですが、高学年になると若い男性が担任になり恐怖感を覚えるようになったといいいます。中学校に上がると男子が性に目覚めてきます。Bさんは美人でしたので何度か告白を受けたりもしたそうです。しかしそれはBさんにとって大人の男を意識させる行為で、それらの男子生徒にも恐怖を感じるようになってしまったようです。
こんなことがあり高等教育は女子校に逃れたのですが、就職すると男性との関わりを排除することはできません。なんとか気持ちを抑え込んで業務は問題なくこなせるようになったのですが、プライベートな誘いを受けたりすると恐怖心が蘇り何とかごまかして断っていました。その内同性も含め周りは、素敵な彼氏がいるから断るんだろうと勝手に解釈して声は掛けられなくなったそうです。
しかし40歳を過ぎて、この気持ちに一生縛られていくのは辛いし人生が勿体ないと思い始めいろいろ検索を掛けていたら私を見つけたので相談してみたと言う訳です。

子供に対する性的虐待はかなり多い

実はこれはレアケースではなく、私も驚いている位沢山あるんです。事件化するのは多分氷山の一角、殆どの子供は親に口を閉ざして、表面化しないのが現状なんだと思います。
ここでは見知らぬ男性を例に挙げましたが、この他に叔父から、教師から、上級生からといったお話を伺っています。
余談ですが、風俗嬢やAV女優といった性のプロフェッショナルの中にも同じような経験をしている方が同じくらいの割合でいたりするんです。この様な仕事に就いた切っ掛けを聞いてみると、虐待を受けた自分の体は汚いと感じるようになり投げやりになるようです。そうなると性風俗もAVも抵抗を感じずに受け入れることができてしまうようです。
またその業界に入ったことで、自分の体に価値を見出すことができて自分を大切にしようと思えるようになったという方もいらっしゃいました。

不思議なもので同じ経験をしていたとしても、関わり方が0と100に分かれるんです。恐怖体験から自身を極端に守りにいく状態と自暴自棄になり自身を蔑ろに扱う状態です。
ただ共通して言えることがあります。「あの一時が無ければ、普通の生活ができたのに」ということです。男の大人の一瞬の性欲が一人の女性から普通の人生を奪ってしまったのです。それも一方的にです。
狂わされた人生は修復できません。償って貰うこともできません。理不尽ではありますがこれが現実です。
でも、新たな道に進むことはできます。苦しみにピリオドを打ち、自身の幸せに向かって舵を切ることは40歳でも可能なんです。もし一人では舵を切れないようでしたら藤原幻がいつでもお手伝いいたします。

宗教による制約

プロテスタント教会

敬虔なプロテスタントの母親のもとに生まれたAさんは、学校の男子ともあまり接触を持たないように厳しく教育をされていました。父親はあまり口を挟める人ではなくヒステリックなまでの制約を課す母親に何も言えないでいました。
その後Aさんは女子高・女子大に進み大手の会社に就職します。この間も一人暮らしなどは許されずAさんは実家暮らしだったのですが、妹が20歳の時に母親に反発して家を出てしまったという出来事が有ったためか、母親のAさんへの監視はさらに強くなり、会社での人間関係(特に男性)が上手くいかず退職。家庭教師(女子生徒)をして生計を立てていました。
しかし、30代後半になろうという時に突然母親が他界、しばらくは実家にいたのですが父親の勧めもあって一人暮らしを始めました。
そこで初めてテレビや雑誌を自由に見て世間を知り男性にも興味を持ったのですが、今まで父親意外とはまともに話をしたことも無かったのでどう接して良いのかわかりません。そこでキャリアを生かして男性講師のいる学習塾に就職してみたのですが、変り者扱いをされ疎外されてしまっていました。
そんな状態で40歳を迎えた誕生日に、たまたま目にした雑誌で私の存在を知り、相談をしていただきました。

宗教は厄介

子供の頃から宗教の中にいると、モノの考え方の根本がその宗教に沿った考え方になってしまいます。しかし、宗教の物言いは万能です。いつか自身の内なる感情とのギャップに苦しんだとしてもその言い訳を宗教は準備しています。そうして一生取り込まれてしまうのです。
この例は母親が狂信的だったため、Aさんは母親への反発心と同時に宗教への不信感も少なからず持っていました。そのおかげで私に相談するという思考になったのですが、普通の信者はイエスキリストに相談してしまうのでこちらに来ることはありえません。
しかしいくら不信感が有ったとはいえ親に反発できなかったような人は、それなりに弱い部分を持ち合わせています。弱い心の部分には宗教ががっちりと食い込んでそれが思考の基礎になっていたりします。するとこちらの言葉や自身の行いを宗教的解釈で捉えてしまうことが多々あり、なかなか一般的な価値観が伝わらなくて苦労します。

40代処女にはしんどい男の期待

長々といろいろ書いてきましたが、40代で処女という方は統計からみると未婚女性の3割に上ります。この割合は特別視する程少数なわけではありません。
また、一言で40代処女と言っても、そこに至るまでの道のりは人それぞれ千差万別、思いもそれぞれ違います。
しかし、女性の性に関する話題になると特に男性誌は小躍りしてはやし立てる傾向があります(中学生男子とあまり変わらない行動パターンです)。大した取材もしないで一部の話しをさも「これが実態!」的に書き立てるのです。それを単純バカな男達が「あぁ、そうなんだ」と吸収して常識化してしまう。そして好奇な目で40代で処女の女性を嗅ぎまわる様になってしまうのです。

雑誌を鵜呑み
こんな状態でしたら何かチャンスが有った場合でも処女だという事を相手に知られたら、今まで向けていてくれた視線が別の物に変わってしまう心配が出てきてしまいます。すると、そうなることが怖くて男性との付き合いを遠ざけてしまい縁がどんどん遠のくという悪循環に陥っていくのです。
統計によると女性は25歳を過ぎると初体験を迎える比率が一気に落ちてしまいます。30代になると処女率は40代と変わらなくなってしまいます。
ここには世間の女性の性に対する風潮や偏見が大きく影響しています。
このように社会は40代処女にとって優しく寛容なものではありません。世の中は本流から外れているものには当りが厳しいんです。
そんなこんなで、40代処女が新たな一歩を踏み出そうとしても簡単には行きません。
ではどうしたら良いか。先ずは男性に40代の女性がどう映っているのか、何を求められているのか見ていきましょう。

無知は鞭、馬鹿は人を傷つけます。
大抵男は馬鹿なので女性を傷つけてしまうんです。

40代女性に男性が求めるもの

人は自分の求めるものを持っている異性に魅力を感じるようにできています。ということは当然異性が何を自分に期待しているのかが解らなければ、切っ掛けすら掴めないということになります。
20代や30代の女性に男性が求めるものは、守ってあげたくなるようなか弱さであったり無邪気さ素直さ、結婚相手としての資質だったりします。
では40代女性に男性が求めるものとは一体何でしょう?

殆どは男の勝手なイメージなんですが…

包容力

男性はどんなにバリバリ仕事をこなしている人でも、どこかに女性に甘えたい願望を秘めています。幼少期母親に甘えることで得た安心感は、大人になったからと言って消えるものではありません。むしろ厳しい社会で戦ってストレスをためている大人だからこそ強く求めるといっても過言ではないでしょう。仕事から離れプライベートな時間に好きな女性に包み込まれる幸せを多くの男性が求めています。
この包容力は人生経験や男性に対する理解度が低い若い女性にはなかなか出せません。男性もその年代の女性には大きな期待は抱いてはいないでしょう。
しかし40代の女性なら、それなりに経験も豊富でしょうし理解力もあるはずだと男性は思っています。
ちょうど明確に記憶に残っている母親の歳とダブるという事もあるかもしれません。また、女性自身も地に足がついて落ち着いてくるので、雰囲気的にも20代や30代の女性よりは大人に映るのでしょう。

男はマザコンが多いから仕方がないのかなぁ・・・

自立した大人

40代の女性は経済的にも精神的にもお互いに対等な付き合いが出来る相手として男性は見ています。男性にとって女性の思いを一方的に受け入れなければいけない状態は、なかなかストレスがかかります。そこそこキツイなぁなんて思っていても「男なんだから」と女性から言われると、受け入れざるを得なかったりするのが男の立場としてあるのです。
そこへいくと40代の女性はいろいろな経験を経て男性の立場や考えを理解しているので、感情の押し付けがなくお互いを尊重した大人な付き合いができるというイメージを持って男性から見られています。もちろん経済的な面も若い女性に比べたら負担にならないとも感じているでしょう。

あくまでもイメージですから、イメージ・・・

エロい

いろいろな経験をしてきている40代の女性だからこそ、男にとっては玉手箱のような存在に思えるのです。空けてビックリ、あんなこともこんなことも…男の勝手な妄想なのですが、経験豊富な上に欲求不満というAVが作り上げたイメージがあるので40代の熟女はとってもエロいと思われています(元AV関係者として深くお詫び申し上げます)。

ご迷惑をお掛けして申し訳ありません・・・

40代女性がセックスで求められる熟女のエロスと欲情
40代女性は若かりし頃とは違ったものを男性から求められます。その陰にはAV業界が作り上げた熟女というカテゴリーの存在が無視できません。求められるままにエロい熟女になるのか、今までと変わらず自分らしくやっていくのかは貴女次第。どちらも出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENが応援します。

40代処女に欠けている所が肝だった

上記の通り男性が40代の女性に期待するものは全て経験に基づく感性です。包容力に関してはベースは母性なんですが、その表現の仕方は多くの男性を知っているからこそできる形が求められています。
こんな風に期待されていることも解っているし、自分の中に無いものを求められていることも解っている。だから一歩が踏み出せないんだという方も多いかと思います。
そこで藤原幻から、いくつかご提案をさせて頂きたいと思います。

レンタル彼氏出張ホストおもちゃのGENが提案するライフプラン

では「いざロストバージンを!」と気持ちが動いたとしても、そこで「出張ホスト・レンタル彼氏」という胡散臭い所に気持ちが向くという事はなかなか厳しいと思います。私が同じ立場でしたら間違いなく利用しません
しかし、ありがたいことに今まで多くの40代処女の方にご相談・御利用頂いてきました。どんなに勇気が必要なことだったかと思います。当時は形の違いはあれ、ここまでの情報発信はしていなかったので、尚更難しい決断だったと思います。
今までお会いした40代処女の方の殆どが、既にロストバージンの決断を自分でしてこられる方でした。中にはトラウマを抱えた方も多くいらっしゃいまして大変な緊張と恐怖感を一人で抱えさせてしまっていました。
「女が腹を括ったら男の比じゃない」とは言いますが、こちらとしても何だか申し訳ない気持ちになることが有りました。

女の決断この提案の目的はレンタル彼氏出張ホストおもちゃのGENを通じて、男性に対する理解を深めることが第一の目的です。
ロストバージンも自身の内面の変化と女性としての喜びを享受する意味では大切な要素ですが、信頼は恐怖心を和らげますので段階を踏むことも一つの手段ではあるかと思います。
尚且つ、いつ何時何が有っても良いように歳相応の経験と知識を身に付けることができたら、自信も湧いて行動にも変化が起こるのでベストかと思っています。
では、その概要をこれからご説明していきたいと思います。

新たなライフプランの提案

男性という生き物を知る

パズルが噛み合う男女

女性同様男性にも社会的な顔と内部的な顔の両面が存在します。もし男性との関わりが仕事しかなかった場合は、社会的な顔しか見てきていないことになります。社会的な顔は役割に合わせた表情なので、男女でそれほど違いが出るものではありません。真に男性を理解するには会社のような役割を演じる場ではなく、プライベートな空間で沢山のコミュニケーションをとることで少しずつ女性との違いが解ってくるかと思います。
さらにこちらは貴女の事情を分かった上でお会いしていますし、普段の繋がりがないので友達にも今更聞けない質問や理解できなかった話しを聞いても恥ずかしくはないかと思います。

男性と一緒にいる感覚を知る

温泉カップル

食事をしたり映画を観たり旅行に行ったり。同性とは「遊びに行く」と表現しますが、異性との場合は「デート」と表現します。何で違うのでしょうか。同性とは目的ありきで、その目的を共有する仲間がいることで目的がより価値を持つので一緒に遊びに行くとなります。異性の場合は相手に会うことが目的となります。行ったり食べたりという行為は、相手とのより良いコミュニケーションをとるための切っ掛けとしての役割と位置付けられます。
この様に同じ行動であっても同性同士と異性関係では、根本的な違いが出てきます。
男性とデートをすると、同性同士では感じることができなかった別の空気感を感じるはずです。
もちろんそこには同性同士では感じることのなかった楽しさや充実感があるので、ぜひ経験していただきたいと思います。

女としての喜びを知る

女の喜び

人間は性をコミュニケーションのアイテムとして使うことができる唯一の生物です。人間は脳が発達したおかげで様々な感触からいろいろなイメージができるようになりました。男性の肌や体温、息遣いから女性としての充実感を感じることができます。
また性の喜びは、女性を普段にはない別の感覚に引き込みます。普段の生活でも喜ばしい事はいろいろあると思いますが、それとは違う鮮烈な遺伝子レベルの喜びや充実感に包まれます。
そして貴女の脳の片隅をずっと支配していた悩みから自身を解放することができます。悩んでいた時間に比べたら性行為の時間はほんの一瞬かもしれませんが、この一瞬が貴女に様々な物をもたらすでしょう。
それは安堵かもしれません。希望かもしれません。意欲かもしれません。自信かもしれません。人それぞれ違うとは思いますが、ポジティブな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

私にしては珍しく抽象的な表現を使ってみましたが、やっぱり大事なところは伝わりにくいので論文調になりますがお許しください。
クリトリスは神経が集中した感覚器官なので、オナニーでもすぐに気持ちよくなります。しかし膣は出産の都合上非常に低密度な痛覚があるのみです。なぜそこで快感を感じるのか。そこには脳との密接な関係があるんです。その関係性についてはブログ記事「オーガズム」に詳しく書かせて頂いています。
脳が快感と感じるにはある程度の経験に基づく理由付けが必要なのです。つまり初体験から気持ちよさを感じるようになるまでには、ある程度回数が必要になってくるのです。

何にしても恐怖は付きまとう

よし!自分も経験してみよう!と思っても、実際に行動に移すかやっぱり尻込みするか二手に分かれると思います。
今まで知り得なかった男性を知るという事は、楽しみである反面怖さも解っているからだと思います。
そこをどう解釈し解決していくか、考えて行きましょう。

精神的試練

学業や仕事という枠組みの中でしか関わってこなかった男性と、いわばフリーの状態で接することになります。この様なことは人生の中でも一度もなかったわけですから大変困惑するでしょう。
また知らないが故につき進めた若い頃と違い、その頃の何倍もの情報を得てしまっている40代では、知っているからこその恐怖心や猜疑心が前進を阻んでしまうのも致し方ないところかと思います。
そこを乗り越えるには、相手に対する信頼度が何よりも重要になってきます。そして信頼度を高めるためにはその根拠となる情報をどれだけ相手から得られるかという事が鍵になってきます。
おもちゃのGENでは様々なブログ記事やTwitterで多くの情報発信をすることで、人となりや考え方をご理解頂ければと活動しています。
また、無料企画を通して藤原幻に対する疑問を解消して頂くことで、安心してご利用頂けるようになっています。

ヤッパリ初めは痛い

肉体的試練

女性には、肉体の特徴としてどうしても越えなければならない試練が有ります。いろいろ適当なことを唱えるサイトがあるのですが、そこだけは間違っても信じないでください。この行為は物理的な破壊を伴うので最初は間違いなく痛いです。この痛みは性的な技術で消すことはできません。
勿論個人差があるので痛みの強弱は人によって違ってきますし、その後のアプローチも状況に合わせて変わっていきます。
余談ですが、痛みを緩和させる手段が全くない訳ではありません。局所麻酔を使う方法です。リドカイン・キシロカインといった塗り薬を予め塗布しておくことである程度、痛みの軽減が期待できるかもしれません。
効き目については、痛み自体が人それぞれですし薬に対する反応も同様ですので何ともいえません。
こちらのお薬をご希望される方は副作用や他の薬との飲み合わせがあるので、ご自身で購入されてお持ちください。塗布のご協力はさせて頂きます。

疑って正解・悪質商法にご用心

私がこのような夢も希望もない「現実的な物言い」をするには訳があります。
性やセックスに対しては長い事タブー視されているがために、世の中が余りにも無知でオカルト的な話しや誤解が普通に罷り通ってしまっているのです。
笑って済むような話に目くじらを立てる気は全くありません。
しかし昨今いろいろと問題視せざるを得ない事象を漏れ聞くことが多くなってきたように感じています。なのでここに縁あって訪れてくれた方には、本当の知識を持って頂いて根拠の不明確な怪しい話に踊らされないでいただきたいとの思いで、根拠に基づいたメカニズムを多く記事に書いています。
背景として、最近処女をターゲットにした悪質な商法が出てきているんです。こちらも全容を把握しているわけではないので詳しくは書きませんが、「知らない」ことに付け込んだいろいろな企てがあるようです。
夢のような表現で入り込みやすくサイトも作ってあり、現実的ではない話がまことしやかに語られています。
マスコミも知ってか知らずか後押しをするような記事を書いています。私は多くのマスコミから取材を受けてきましたが、マスコミは取材はしても裏までは取りません。特に週刊誌にはそんな暇はありません。なのでマスコミの取材=信用とは絶対に思わないでください。
良い事しか書かないホームページには必ず裏があると思ってください。

最後に

出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏というやたらと長くなってしまいましたが、お付き合いいただきましてありがとうございました。
飛ばし読みをされている方もいると思うので、最後に要約します。

  • 40代の処女はマイノリティではない
  • 女性の性への偏見は周りだけでなく自分の中にもある
  • 高齢処女はセックスを生殖行為として捉えた場合の表現
  • 人と違っていい。自分の生き方に誇りを持つ。
  • 事情は人それぞれ。価値観もいろいろ。
  • 40代女性に男性が期待することを知る
  • 男性を知る事で得られる価値観もある
  • 肩書は切っ掛け、この出会いは藤原幻との個人的な付き合いの始まり

藤原幻との付き合い方

ポジティブに前に進む女性

私とは出張ホストレンタル彼氏という職業を通じて巡り合うことになる訳ですが、肩書に捕らわれてしまうと「私は出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏にお金を出してロストバージンをした」「私の初めては女性向け風俗だ」となってしまいます。
これでは他と違う自分を解消しに来たのに、他と違う自分に消せない烙印を押してしまうことになります。
こうなっては本末転倒、折角の経験も貴女の人生の‘‘汚点”になってしまいます。
この先私との出会いを貴女にとってポジティブな経験とするためには肩書に捕らわれず、藤原幻という個人に目を向けて下さい。
肩書は出会う為に必要だったアイテムなので仕方がありません。
出会ってしまえば肩書は必要ありません。そこからは個人の付き合いだからです。
私の場合、他の出張ホストレンタル彼氏と違い個人で活動しているので、組織のスタイルや制約などの縛りがありません。
なので自分のカテゴリーを第三者に決められる事もないのです。これを決めることができるのは貴女だけなんです。
今まで来てくれた皆さんの心の中で、私のカテゴリーはそれぞれ違うと思います。
藤原幻という男性を良く知ってもらい、貴女自身の中に生まれた新しいカテゴリーの中で、私とお付き合いしていってくれれば良いのです。
私の女性に対するカテゴリーは「心友」です。お互いに足りないものを提供し合う関係として、息の長いナチュラルなお付き合いをさせて頂いています。

長文になってしまい申し訳ありません。ここまで読んで頂きありがとうございました。

貴女のあと一歩の勇気をお待ちしてます。

レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行女性向け風俗藤原幻の自己紹介
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏アロママッサージおもちゃのGENこと藤原幻の自己紹介。東京から全国に出張。30代で始め気が付けば40代ついに50代。ベテラン?中年おじさんです。少しでも藤原幻を知ってもらえる様離婚やAV男優の事も結構細かい所まで書いています。安心安全そして楽しくご利用お待ちしてます。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行とは|おもちゃのGENのポリシー
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENの17年間変わらずに守ってきたポリシーのお話。格好良く夢の世界を演じる素養がないので、ありのまま、無理せず、ずるいことを考えず、正直にやっていこうとの思いが安心安全そして楽しくという言葉に詰まっています。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏とは違う藤原幻のスタンス
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏を名乗っていながらそこを否定するおもちゃのGENのスタンスを細かく自己分析交えその価値観を解説。業界とは異質な路線を貫く藤原幻の女性に対する考えや思いをこのページに集約しました。17年継続の秘密が今解き明かされる。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行の失敗しない選び方
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行には定義がありません。勝手な概念や定義を捨てて自分に合った相手に巡り合うための選ぶコツを現役出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行が伝授します。貴女ががっかりしないでより良い相手に巡り合えるようお役に立てれば幸いです。
出張ホスト・レンタル彼氏・エステ店に潜む危険性|女性向け風俗のリスク
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行って怖いと思っていませんか?それはあながち間違ってはいないんです。最近は男性セラピストのトラブルも増えています。1対1での男性との付き合いには当然知らないと危険なことが沢山あります。出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行選びで失敗しないために読んでください。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏興味はあるけど怖い|利用するには壁が
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏に興味はあっても利用するとなるとなかなか高い壁がありますよね。女性向け風俗は男性の物より敷居が高いようです。罪悪感や不安感はなかなか拭えるものではありません。神様の存在だって…そんな方にぜひ読んでいただきたい考えを書いてみました。少しでも役に立ちたいので勇気を下さい。

水平線

 

タイトルとURLをコピーしました