出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏とは違う藤原幻のスタンス

17年変わらぬ出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENのスタンス出張ホスト・彼氏代行・レンタル彼氏の話
この記事は約17分で読めます。
Twitter毎日更新中

Twitterへ飛ぶリンク

藤原幻はこんな人間なんです

私、藤原幻はいろいろな事情から出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENを名乗って17年間営業して来ました。振り返れば長い年月です。年代も3つ跨いでいます。人の心は移ろいやすいとは言いますが、その間自分の務めや来ていただいた女性に対するスタンスは全く変わらずに今日まで来ることができました。
変わらなかった理由を自分なりに振り返ってみると、そもそものコンセプトが業界やカテゴリーに合わせた物ではなく自分自身の本質に合わせたものだったので変わることなく来れたんだと思います。自分で自分をプロデュースするんですから、当然無理のないように不向きなことは排除して得意を前面に出していくことになりますよね。そうして形になったのが「おもちゃのGEN」なんです。

不向きなこと

  • 夢の時間、夢の空間を演出する[女性にそんなことをしたことが無い為。自分の中に無い]
  • 格好をつける[キャラじゃない。生理的に無理]
  • お金や物を吸い上げる[欲が無い。恨まれたくない]
  • 俺様営業[女性には優しくしかできない。そういった気持ちになったことが無い]

夢を見せる力量が無い

女性にはアイドルやイケメン俳優、宝塚歌劇団のような夢の王子様のような存在に老若問わず熱狂する性質があることは理解しています。
しかし、自分がそのような対象になれるかと言ったら先ず無理だと解っています。男子校、理系、建築職人と女性と日常的に接することなく歩んできた私にはそのような素養はかけらもありません。素養としてその様な技量を持っているのであればもう少し違った形のアピールができたのかもしれませんが、残念ながらそうではないので「ありのまま」をお見せしてそこでご判断頂くことしかできないのです。

恰好つけられない

子供の頃はお茶らけていて、モテ男子とはとても言えないキャラでした。無理にそうしていたわけではなく自然に生きていたらそうだったんできっと元々そうなんでしょう。
とは言え、誰しも自分を良く見せたいと思う気持ちはあると思います。少なからず私のジャンルは人気に支えられてナンボという側面もあるので好印象を持たれることはとても嬉しい事です。私のデビュー当時、出張ホストはそうである方もそうでない方も一様に格好をつけていらっしゃいました。私もそうすべきだったのかもしれませんが、そんな自分を客観的に見ると寒気がしてしまったんです。格好はできれば褒められたい。でも、それを演じている自分のことは生理的にも考え方としても受け入れられないことだったんです。
私の場合、画像を加工してイケメンに見せたり、奇跡の一枚的写真ばかり掲載したり、虚像を作り上げての自己アピールは絶対に無理なんです。私はホームページを見せることが主ではありません。現実に相手と会って人生の一部を共有していく事が目的なんです。そうなれば見た目は勿論のこと虚像はすぐに見破られてしまいます。そこには裏切られた悪い印象しか残らないでしょう。そんな相手に女性が人生の大切な時間を任せてくれるとは思えないんです。なので、写真にしても全て正直に(多少写りの良いのは選んでいますが)、文章も自分の考えを正直に伝えられる様心掛けています。

欲が無い

人生経験の中で社長という会社のトップになったことがあるんですが、別に出世欲が有ってそうなった訳ではなく、私が会社を立ち上げないことには打開できないような周りの状況が有ったからなんです。一人っ子のせいか人と争うことが苦手ですし、人の物にも興味がありません。お金についても然です。
この出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏を生業にしている以上、出会った方からは決まったお金を頂かなければなりません。お金の価値は人それぞれですが、私の受け取り方はその女性が嫌なことも我慢して必死に稼いだお金なんだ、生きて行くための大切な資金なんだという認識です。そのお金を頂くとき未だに「これで良かったのか」「満足してもらえたのか」「金額の重さに見合うだけのことはできたのか」と自問してしまいます。そんな感じなんで、もっと欲しいもっと貰うにはどうしたらいいかなんて考えには至らないのです。

恨まれたくない

この出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏をしていると、こちらの出方次第ではもっとお金を払ってくれるんだろうなっといった女性に出会うことが多々あります。元々の性格もあるかもしれませんが、私の所に来るときは気持ちが弱っている時なので尚更そんな感じになってしまうのかもしれません。
私は、女性が今の自分には藤原幻が必要だと思ったので目の前に居る訳です。という事は必要とされ無くなれば(良い意味でも悪い意味でも)過去の思い出になるのです。その時に私との思い出を振り返り、苦しさに乗じて必要以上にお金を払わされていたとしたらどう思うでしょう。私との時間は出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏に金を貢がされた黒歴史になってしまうんじゃないでしょうか。そうなれば私も恨まれると同時に本人も自分のことを責めてしまうでしょう。
私は一生懸命に女性と向き合ってきています。私のプライドと言っても良いかもしれません。それを相手の汚点にはしてもらいたくないし、恨まれるなんてそれこそ本意ではありません。

俺様営業

人には尽くす喜びや追いかけたい願望が潜在的に存在することは理解しています。不思議なもので、100並べた優しさよりも99の冷たさにの中にある1の優しさの方が強烈なインパクトがあることも解っています。しかし、その様な状態を演出する素養が私には欠けているんでしょう。
同性の気持ちは実感がともなうので話を聞けば理解できる自信があります。しかし女性に関しては生命としての根本が違うので理屈の解釈はできたとしても実感が伴いません。つまり完全には理解はできない。一番大切な根本を間違いなく理解してあげることは不可能なんだという事を知っているので、自分の対応や受け取り方は間違っているんじゃないかと常に不安です。
また自分の個性として気を遣ってしまうということもあるので、俺様営業はやろうと思ってもできません。

得意なこと

  • 気持ちを理解すること[多くの価値観に触れ一人一人真摯に向き合ってきたから]
  • 事の根幹を導き出すこと[理系脳な為]
  • 本音の付き合い[人に対して臆病だから]
  • 女性を喜ばすこと[女性が好きだから。当たり前の話しなんですけどね]

気持ちを理解すること

前段と矛盾する話しだと思われるかもしれませんが、気持ちを理解しようと意識し続けることと捉えて頂けるとありがたいです。
理解することも能力の一つと考えるならば、私には多少なりともその素養はあったのかもしれません。学生時代の国語の点数はずば抜けていましたから(笑)また、しなくてよい負の人生経験から多くの女性の価値観を学びました。その価値観を理解する術も女性にモテたい一心から、自然に自分の物として身に付いて行ったんだと思います。
それに加えソクラテスが言った無知の知ではないですけれども、私は男性が女性を100%理解することは不可能だという事を知っています。知っているからこそ、理解しようとする意識を止めないでいられるんだと思います。
私は言ってマイワールドを押し付けて上手く回せるようなタイプではありません。理解し寄り添う事でしかお役に立てないんです。

事の根幹を導き出すこと

子供の頃、私は虫や魚などが好きで図鑑を手放さないような子供でした。学生になるとそのおかげか生物が一番好きな科目になっていました。
しかし、大人になり女性と深くお付き合いするようになると、同じ人間なのに事の理解が全然違う事に気が付き大変悩んだ時期が有りました。その時に考えたのが「同じ人間なのに」という部分です。果たして女と男は同じなのでしょうか。分類学上は当然サル目人科人属ホモサピエンス種と当たり前ですが同じです。しかしもっと大きな括りで見れば雄、雌、雌雄同体という3つになります。生命の根本をアミノ酸の塊と捉えれば、大昔は女も男も同じだったとなります。しかし、生命は環境への適応のために多様化の道を進みました。多様化するには雄と雌に分かれて役割を分担する事が必要でした…(話の本質からズレるので)細かいことはこの辺にしますが、それほど大昔から同じ種ではあっても違う宿命を背負って進化してきているんだから、表面的には同じ様であっても根本で違うんじゃないかという仮説を立てました。
その時から女と男の違いを生命として背負った役割の根幹と照らし合わせるようになったのです。そうすることで、男性から見たら一見不可解な女性の言動や情動も理屈としては理解できるようになったのです。
また、悩みの相談も事象の根幹、その女性の性格の根幹等を知る事で理解をするようになっていきました。根幹を知ると枝葉が見えてきます。根幹を見なければ葉しかみえません。実感としては理解できない女性ですから、せめて根幹から見ることで少しでも多く理解出来たらと考えています。

本音の付き合い

人に対して臆病なんだと思います。臆病なので傷つけられたくないし傷つけたくもない。間違った選択もしたくないし、ガッカリもさせたくない。
しかし、当然ですが他人の心は覗けません。お互いの言葉の中から推理していくしかないのです。そして、本音を知る事が出来れば、懸念しているようなことにはならないのではないかと思っています。
私自身、男女の駆け引きや恋愛の駆け引きと言った「駆け引き」が得意ではありません。なので、もし男として出会っていたらあまり刺激のない相手だと思います。
しかし、今私がやっている出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENという立場でしたらこれでいいような気がします。他の出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏は別だと思いますが、おもちゃのGENに関しては役割を持たされてなんぼの所があるんで、駆け引きは必要に感じません。
それよりも、なぜ出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏を利用しようと思ったのか、なぜ藤原幻を選んだのかという本音の方が重要だと考えます。逆に言えば前段でも書きましたが、マイワールドなタイプではないので、ニーズが解らないと何もできないんです。
とは言え、全く知らない赤の他人にいきなり自分の心の深いところを話せる人はそう多くはいません。でも、そこを知らないことには前にも進めません。そこを伝えてもらうためには自分自身が最初に裸になる(服を脱ぐ意味ではなく)ことを躊躇わないという心意気はあります。それで相手が本音を伝えやすくなるんでしたらお安い御用です。
このホームページで自身の内面をこれだけあからさまにしているのもそういった考えからだとご理解いただけると嬉しいです。

女性を喜ばせること

単純です。喜んでもらえれば好きな女性に嫌われないので、喜んでもらえるように頑張っています。
ただ、喜ぶポイントは当然ですが人によって違います。こうすれば必ずウケる!と言ったものは、ただ笑っただけで喜んだこととは違うと思っています。本当の意味で喜ばせるとはその人なりのニーズを期待を越えて叶えることだと私は思っています。
その女性の本音を理解することで、心に棘が刺さっているなら気が付かないうちに抜いてあげたり、隙間があるなら楽しく一緒に土を被せたり、満たされないのであれば…いろいろ喜ばすことができると思います。
女性に喜んでもらうことは、おもちゃのGENの目的であり役割ですから。

自分を前面に出したらカテゴリーからズレました

性格的に向いていない

出張ホスト・彼氏代行・レンタル彼氏どれをとっても実際の私の考え方やスタンスに当てはまるものはありません。どれも一時の特別感を期待させるものばかりですよね。実際他の出張ホストも彼氏代行も、業者や個人に関わらずみんな格好良さを前面に出してホストチックに夢の世界をアピールしています。レンタル彼氏に至っては、私が言葉の大元であるはずなんですが何故か本人が違和感を感じているという訳の分からない状況なんです。聞く側は出張ホスト彼氏代行といったカテゴリーが最初に頭にあったんで思い込みが先行したんでしょう。状態だけ見て内面にまで迫れなかった結果がレンタル彼氏という言葉によく出ています。
そんな訳で、初期のホームページを立ち上げた頃はよく「出張ホストではありません」「彼氏代行と言った言葉は好きではありません」「他にはないオリジナルのおもちゃのGENを」等とよく書いていました。それでもインターネット上の検索に掛る為には出張ホストや彼氏代行と言った既存のカテゴリーを利用するしかなかったので、仕方なく名乗ってはいましたがホームページ上では否定をするといったへんてこりんな状態を続けることになってしまったんです。
カテゴリーを知っていて私の話しを客観的に聞いた方には口をそろえて「この仕事に向いてない」とよく言われていました。カテゴリーのようには振舞えないんですから、そりゃ言われますよ。損する方、面倒な方にばかり行ってろくな稼ぎが無いんですからね。

客観的に表現するときに困る事

おもちゃのGENの出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏業界とのスタンスはだいぶズレていることは何となくお解り頂けたのではないかと思いますが、これを外に向けて発信しなければならない時に少しだけ違和感というか、説明したら長いんだけど…といった項目があるので、文章にしながら自分自身も考えを整理して行きたいと思います。

仕事という表現の違和感

正直、この出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENの活動を「仕事」という言い方で表現するのにずっと違和感を感じています。お金を頂くという点から見れば間違いなく仕事なのですが、気持ち的には割り切れていないところがまだあるんです。
お金を貰えなければ、本音の付き合いをしなかったり、理解する気持ちにならなかったりするわけではありません。出会った女性全てに共通するスタンスなんで、これは自分の性分と言えるでしょう。では仕事と言える部分はどこにあるか考えると、出会う事と出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏で居続けることなんではないかと思います。今自身が必要と思える相手を探すという行為は確率的にも簡単なことではないですし、女性であることのリスクも考えればかなり難しい話かと思います。そこの時間と手間とリスクをおもちゃのGENで無くすことができれば、金銭的価値で量る事もできるのかもしれません。ホームページを検索に掛かる様に作っていく作業は私にとってはかなりの労力と時間が掛る作業なんです。出会うことが仕事と定義されれば、この作業が仕事なんだと思って頑張ることができます。
また、変わらない状況で居続けることも仕事と定義されてよいかと思います。人生いろいろなことがある中で、再びおもちゃのGENが必要になることも有るでしょう。人は普通、自分の都合だけで会ったり会わなかったりはできませんよね。それを可能にする為に私自身がそれなりの負荷を負っているので、そこは仕事と言っていいと思います。
という事で、女性と会っている時は男女の付き合い、有っていない時が仕事ということでいいのかもしれません。

お客という表現の違和感

出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏にとってお金を払ってくれる女性はお客さんというポジションになるのは当たり前の話しですよね。
でも、デビュー当時から「お客」という表現を使うことにどうしても抵抗が有ったんです。
前段の話しで見えてきた「仕事」に対するスタンスから考えると、会っている時は付き合いなんですから「お客」という言葉に違和感を感じるのは当然の話しになります。
どちらかに主導権があるというより、お互いに都合の良いポジションでそれぞれが必要な物を提供し合いながら助け合っているんですから互助関係ともいえるかと思います。厳密に言えば互助も違うのかもしれませんが、お客という表現よりは現状には近いかと思います。
言い方を仕事の価値観と重ねてみれば、出会いの場を設け出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENであり続けるための協力者と言った位置付けが良いような気がします。気の利いたネーミングができればいいのですが、17年間出てこなかったので諦めます。

セルフプロデュース

おもちゃの幻は私が会社を倒産させて家族も失って何もなくなったところから産まれました。その時手元に残っていたのが自分自身と一台のパソコンでした。まともな考えができる状態でしたら、他に仕事を見付ける方に行くのでしょうけれども、その時の私は他人と仕事をしていけるような精神状態ではなかったため、そちらには行けませんでした。それでも生きて養育費を早く入れなければという使命感は有ったので、できる限り自分を客観視して無理なく一人でできる仕事はないかと考えた時に、出張ホストというワードを思い出したんです。
出張ホストなら負の遺産だった女性経験をプラスに活かせそうだし、何よりも開業資金が要らない。その頃は、パソコンでホームページを作って「私は出張ホストです」と名乗ったら誰でもなれた時代だったので、私も気軽に始めることができました。
しかし、悩んだのはそこからでした。周りを見てみるとかなり自分とは違う人種の方々がビックリするくらい格好つけては脳くようなセリフを並べているんです。冷静に自分という人間を振り返り何度も分析しました。
その結果、彼らと同じように振舞うのは自分には無理という結論だったのです。
そこで考えたのは、出張ホストはこうあるべきと言った定義はどこにあるのか。みんな“ホスト”という響きだけでそれなりに振舞っているのではないか。定義がないならオリジナルのやり方でも文句はないだろう。という事でセルフプロデュースした結果、他の出張ホストとは真逆の高級感ゼロのお笑い系庶民派出張ホストが出来上がったのです。
自分の個性を重視した結果が、業界イメージからはだいぶかけ離れたという事は不安材料でしたが、サイト作りが上手くいったせいか会ってくれる女性が短期間で増えて1年もしないうちに軌道に乗せることができました。
その内時代が変わるにつれ、どんどん業界も様変わりしていきました。多くの知った名前も消えていきました(消えていく方が正解なのかもしれませんが…)。そんな中でも異例の17年間出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏をさせて頂けたというのは支えてくれたみなさのおかげは勿論ですが、私自身も無理のない形でプロデュースできたことも大きな要因の一つであることは間違いないと思います。

おもちゃのGENに来て頂いた女性に対する気持ち

以上の様に出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENは藤原幻がセルフプロデュースして立ち上げた事業で、個人の価値観を前面に出して構築した結果、カテゴリーのイメージとはちょっと異質な存在になって今に至ります。
17年やってきてもコンセプトが変わらないのは、よっぽどセルフプロデュースが上手くいったのかそれとも成長が無いのか…
多分成長が無いんでしょう。ずっと一人ですからね。仕方ないです。最後のまとめとして、これも変わらない出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENの理想像についてお話ししたいと思います。

理想像

  • 役に立つ頼れる存在でいること
  • 一時の存在でなく永遠の存在でいること
  • 相手にとって良い人で有り続けること
  • 世界で一番信頼できる他人であること

私は過去を振り返り自分の本質と向き合ったときに出した答えの一つに、誰かのメインパートナになることは向いていないが、スーパーサブなら相当役に立つし頼れる存在として力を発揮できるというものがあります。程よい距離感で付き合っている分には、良い人ですが、一生のパートナーとすると癖が強くて相手を傷つけてしまうんです。良薬も飲み過ぎると毒になるってところでしょうか。コンセプトが変わらないように、人付き合いが希薄な自分は以前からここも変わっていないとみるのが正しい見方でしょう。
とは言え今のこのポジションに不満はありません。メインパートナーとスーパーサブでは立場が違うので求められる事も違います。メインパートナーは全てを共有し合うわけですから、噛み合わなくなる確率は高くなります。そして齟齬が大きくなれば永遠の別れになる事もしばしばです。その点スーパーサブはその心配はありません。別れる必然性がないので永遠に付き合っていけます。価値観も共有するのではなく理解し合うスタンスなのでお互いに違っていたとしても何も問題になりません。そして関係性さえ継続していれば、お互いに世界で誰よりも自分を知っている一番信頼できる他人として大きな価値を得ることになるんです。
これは出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENとしても藤原幻個人としても自分を選んできてくれた女性に対してずっと変わらないスタンスです。

女性向け風俗レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行おもちゃのGENの活用

女性向け風俗出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENは、貴女が未来に翔く勇気と幸せを掴むためのお手伝いをちょっとだけさせて頂きます。微笑む女性
独りではどうしようもない事でも私と二人なら乗り越えられる事もあります。もし何かお役に立てることがありましたら遠慮なくお問い合わせください。
とは言ってもやっぱり簡単には決断できませんよね。
そんなお気持ちに少しでもお役に立てればと、おもちゃのGENには他にもいろいろな記事がありますので参考にして頂けたらと思います。良い事も悪い事も正直に全て書いてます。

レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行女性向け風俗藤原幻の自己紹介
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏アロママッサージおもちゃのGENこと藤原幻の自己紹介。東京から全国に出張。30代で始め気が付けば40代ついに50代。ベテラン?中年おじさんです。少しでも藤原幻を知ってもらえる様離婚やAV男優の事も結構細かい所まで書いています。安心安全そして楽しくご利用お待ちしてます。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行とは|おもちゃのGENのポリシー
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGENの17年間変わらずに守ってきたポリシーのお話。格好良く夢の世界を演じる素養がないので、ありのまま、無理せず、ずるいことを考えず、正直にやっていこうとの思いが安心安全そして楽しくという言葉に詰まっています。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏とは違う藤原幻のスタンス
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏を名乗っていながらそこを否定するおもちゃのGENのスタンスを細かく自己分析交えその価値観を解説。業界とは異質な路線を貫く藤原幻の女性に対する考えや思いをこのページに集約しました。17年継続の秘密が今解き明かされる。
レンタル彼氏・出張ホスト・彼氏代行の失敗しない選び方
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行には定義がありません。勝手な概念や定義を捨てて自分に合った相手に巡り合うための選ぶコツを現役出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行が伝授します。貴女ががっかりしないでより良い相手に巡り合えるようお役に立てれば幸いです。
出張ホスト・レンタル彼氏・エステ店に潜む危険性|女性向け風俗のリスク
出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行って怖いと思っていませんか?それはあながち間違ってはいないんです。最近は男性セラピストのトラブルも増えています。1対1での男性との付き合いには当然知らないと危険なことが沢山あります。出張ホスト・レンタル彼氏・彼氏代行選びで失敗しないために読んでください。
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏興味はあるけど怖い|利用するには壁が
出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏に興味はあっても利用するとなるとなかなか高い壁がありますよね。女性向け風俗は男性の物より敷居が高いようです。罪悪感や不安感はなかなか拭えるものではありません。神様の存在だって…そんな方にぜひ読んでいただきたい考えを書いてみました。少しでも役に立ちたいので勇気を下さい。

 

貴女のあと一歩の勇気をお待ちしてます。

出張ホストレンタル彼氏彼氏代行に関する記事はこちら

その他のブログはこちらから

システム料金やお利用方法はこちら
レンタル彼氏出張ホストアロマエステのお申し込みお問い合わせ
フロントページはこちら

出張ホスト彼氏代行レンタル彼氏おもちゃのGEN

ブログ記事カテゴリー検索
出張ホスト・彼氏代行・レンタル彼氏の話
スポンサーリンク
史上最大の作戦沖縄九州縦断ツアー800
GENをフォローする
【東京発】レンタル彼氏出張ホストアロマエステおもちゃのGEN全国出張
タイトルとURLをコピーしました