餃子李‐博多の美味い餃子|福岡グルメ|レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行

福岡県餃子李の焼き餃子ツアー情報・旅の思い出・東京の話し
この記事は約4分で読めます。
Twitter毎日更新中

Twitterへ飛ぶリンク

鉄鍋・ひとくちだけじゃない!

暑い夏の夜には生ビールが恋しくなりますよね。
生ビールのお供はやっぱり餃子でしょう!
ということで、餃子屋探し。

福岡ケンミン熱愛の餃子と言えば、皮のパリパリ感がたまらない一口餃子や分厚い鉄の鍋で提供される熱々の鉄鍋餃子が有名ですが、どちらも最近は東京でも食えるので、今回は博多でしか食べられない大陸タイプのお店にターゲットを絞りました。

そんな中、いろいろなグルメサイトで上位表示されている街中華風な佇まいのお店に目が留まり、腹も減っていたので早速GO!

黄色い看板の街中華

到着したのは餃子李、赤でなく黄色の看板が高級感を打ち消し庶民的なお店であることを訴えているように感じます。
外観を撮るのを忘れてしまったのが悔しい・・・でも、あまりにチープな感じだったので若干入るのを迷っているとどんどん人が来る・・・
これはヤバい!待ってる人もいるので取り敢えず中に入って考えよう。
この時点で3組目、カウンターとテーブル席、ん?奥にも人がいるぞ。そういえば外から見た時、厨房の裏も客席が沢山あったな・・・う~ん、ここ相当広いな。

とか何とか言ってるうちにカウンター席へのご案内。

美味い料理のオンパレード

福岡県餃子李の生ビ―ルと干豆腐

まずは待ちに待った生ビールで乾杯です。
喉を駆け抜ける炭酸の刺激とホップの苦みがたまりません!

おや、お通しなのかな?中華な漬物と・・・干し豆腐じゃん!最近になって知ったんですけど、大好きなんですよね。

意図しないところで自分の好きなものが出てくるとテンションが上がります。

これから頼む料理にも期待感が高まります。

焼き餃子

先ずは今日のお目当ての焼き餃子を注文。
生ビールも二敗目に突入しちゃいました。

登場したのは若干丸っこい餃子。
小さい訳ではなく、長さはないけど太っているってな感じ。
いただきます!おお!皮がモッチリとしていて結構厚め。美味い!
一口餃子とは真反対のタイプなのに郷土愛が日本一強い博多人もこういう感じ好きなんだぁ、とちょっと嬉しくなっちゃいました。

福岡県餃子李の焼き餃子

水餃子

福岡県餃子李の水餃子

焼き餃子が美味しい店は水餃子も美味しいんだと最近学んだので、水餃子も注文。

皮の厚い李の餃子さぞかし美味しい水餃子になるんでしょう。
はい、なってました。つるプル更にもちもち。
焼きに比べて脂っけが無い分どんどん行っちゃうんですよね。

喉越しも良いので、次々出てきたとしたら完全に無限ループにハマります。

海老と豚肉のミンチ生レタス包み

 

後ろ隣のお姉さんが、何だか見たことのないものを食べているのを発見。
レタスの塊とチャーハンみたいな何か・・・?
メニューで確認すると、これだ海老と豚肉のミンチ生レタス包み。
美味そうだったので注文すると・・・チャーハンに見えたのは挽肉だったんですね。
これをレタスで巻いてパクリと行きます。
おお美味い!レタスのシャキシャキ感と肉の香ばしさが何とも言えません。
中華を食ってる罪悪感をレタスが消し去ってしまうのでヤバい食い物です。

福岡県餃子李の海老と豚肉のミンチ生レタス包み

 

何じゃこりゃ醬油ラーメン

何故か不味い福岡県餃子李の醬油ラーメン

李の料理は一つ一つがボリュームがあるので、こんなんでもお腹がそこそこいっぱいに。
んじゃ、締めようかということで一番軽そうな醬油ラーメンを注文。これだけなんでも美味い店なんだからラーメンへの期待感は高まってしまいます。
登場したのは黒めのスープに・・・何じゃこりゃ?博多ラーメンの麺じゃないか。しかもバリ堅。
スープ不味い、麺は合ってない、信じられない。
他があんなに美味いのに何で?

 

まとめ

今回はたまたま3組待ちで入れましたが、帰りの頃には外まで10組以上待っていました。
餃子の他にも美味しそうなメニューあ沢山あったので、また機会が有ったら行ってみたいです。
でもラーメンは絶対に頼みませんけど・・・

餃子李【福岡・薬院】
福岡市中央区薬院の人気中華料理店【餃子李】のWEBサイト。 大好評の餃子李の「手作り餃子」「小籠包」が通信販売でお買い求め頂けるようになりました。

 餃子李

福岡市中央区薬院3丁目1-11 福海ビル1F
営業時間 : 11:30~14:30 17:00~23:00(ラストオーダー 21:50)
店休日:毎週火曜日
電話 & FAX : 092-531-9356
西鉄電車薬院駅より徒歩3分
西鉄バス薬院駅より徒歩3分
地下鉄七隈線薬院駅より徒歩3分
駐車場は店舗隣の100円パーキングを利用

 

ツアーに関する記事はこちら

その他九州に関する記事はこちら

その他麺類の記事はこちら

その他グルメの記事はこちら

その他のブログはこちら

タイトルとURLをコピーしました